2011年3月21日月曜日

すべての本が何かを教えてくれる

大学に入ったころ読んだ堀田善衛の『若き日の詩人たちの肖像』に、本のどのページを開いても何かひとつはいいことが書いてある、といった表現があった。それはほんとうだ。どこかに、考えさせる何かがある。まあ、何もないページもあるけれど、それはそういう本を手にとるのが悪い。

それで、できれば毎日3冊の本それぞれのどこかのページのひとことを紹介したいとも思うんだけれど、それをいざやるには時間がかかりすぎる。気が向いたときだけやりますから、お楽しみに。3冊から、ひとことずつ。忘れてもいい。「昨日の言葉」というシリーズがそれです。

「昨日」というのは、本のかたちをとっている言葉は必ず昨日以前に書かれたものだから。そしてそれが、引用という浮遊状態に置き直されることで、明日につながってゆくから。

しかも! 意地悪のつもりはないけれど、書名は伏せます。著者名は記します。どの本のどのページにあるかは、自分で探してみてください。そんなにむずかしい話ではない。