2011年3月17日木曜日

おめでとう、石川くん!

きょう16日、本当は石川直樹さんの土門拳賞授賞式があるはずでした。いうまでもなく快作『CORONA』が対象ですが、それ以外にも旅と生き方と写真と文章が完全に手をたずさえて進む彼のこれまでの活躍からして、当然の受賞でしょう。

残念ながら地震後の状況により式はキャンセルされましたが、セレモニーがなくてもその価値はまったく変わりません。このあいだまで南極にいた彼、ヒューストンを経て、こんどはエベレスト。地球大の旅の気負いのない持続に感嘆しつつ、心からおめでとうといいたいと思います。

来週、佐川光晴くんの坪田譲治文学賞の授賞式もキャンセルが決まったようです。こちらも残念だけど、改めておめでとう。

それ以外にもどんどん予定がキャンセルされて、奇妙に落ち着かない日々。こんなときこそセネカを読め、というのが、学生時代からの友人である赤間啓之くんの忠告でした。