2016年4月13日水曜日

4月23日は下北沢に

チェルノブイリの原発事故から30年。福島の事故後の日々、その教訓は生かされたのでしょうか。現在の視点からチェルノブイリと福島をむすんで考える夕べを企画しました。歴史社会学者の山内明美さん、ロシア・ポーランド文学者の沼野充義さんとの鼎談です。下北沢の本屋B&Bにて。ぜひいらしてください!

http://bookandbeer.com/event/20160423_chernobyl/


 

2016年4月7日木曜日

ル・クレジオ『ラガ』

フランスのノーベル賞作家J.M.G.ル・クレジオによるヴァヌアツ旅行記『ラガ 見えない大陸への接近』の、ぼくによる翻訳が刊行されました。岩波書店より。彼の著作の中では、アメリカ先住民論である『歌の祭り』の延長上に位置する作品です。ぜひごらんください!

2016年4月6日水曜日

シアトルで

日本では年度の変わり目ですが、アメリカは学会シーズン。シアトルで開催されたAmerican Society for Environmental History の年次大会に参加しました。

ぼくは友人のアレックスが組織したセッション Post-Fukushima: Embedded Bodies in National Landscapes で発表。このセッション、以下の顔ぶれでした。

Chair and commentator: Julia Adeney Thomas (U of Notre Dame)

Alexander R. Bay (Chapman U) "Radiation Exposure and the Construction of gnorance in Fukushima"

Keijiro Suga (Meiji U) "On the Milky Way Railroad and Other Works after March 11, 2011"

William Johnston (Wesleyan U) "A Body in Fukushima"

ぼくは結局、3月に完成したばかりの古木洋平監督、赤阪友昭プロデュースの南相馬を舞台とする短編ドキュメンタリー『水の記憶、土の記憶』を上映し、言葉の部分を(まだ字幕がないので)同時通訳的にその場でナレーション。そしてわれわれの現在進行中のリワイルディング・プロジェクトとの関係を簡単に話しました。

聴衆は20人ほどでしたが、いずれも環境研究者、歴史学者ばかりで、反応は上々。古木さんのシネマトグラフィーの美しさにも感嘆の声がありました。この作品、まもなく英語版を準備する予定です。

「週刊朝日」4月15日号

「週刊朝日」に人類学者ブライン・フェイガンの『人類と家畜の世界史』(河出書房新社)の書評を書きました。犬、やぎ、羊、豚、牛、ろば、馬、らくだという8種類の動物に、いかに人間がお世話になってきたかをめぐる、きわめて興味深い本です。ごらんください。

2016年3月29日火曜日

「メキシコ大学雑誌」

ぼくの詩集スペイン語訳が「メキシコ大学雑誌」で紹介されています。翻訳はクリスティナ・ラスコンさんと南映子さん。ごらんください。この秋にはエクアドルの詩祭に招待されています。スペイン語の年になりそうです!

http://www.revistadelauniversidad.unam.mx/articulo.php?publicacion=799&art=17103&sec=Creaci%C3%B3n

2016年3月26日土曜日

音楽詩劇「星の王子さま」

金沢にある、元紡績工場を改造して作られている総合文化施設が金沢市民芸術村。ここのふたりのディレクターがそれぞれサン=テグジュペリ『星の王子さま』と芥川『地獄変』を舞台化しました。3月26、27日の両日に公演。

で、きょう26日の公演に行き、アフタートークに出演してきました。

『星の王子さま』は作曲家でフルート奏者の木埜下大祐さんの作品。原作のいくつかの場面と木埜下さんご自身のテクストを、オリヴィエ・ビルマンさんと美緑トモハルさんが読み、全編をフルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロの演奏がいろどる総合的作品で、曲の良さ、言語の大胆なコラージュ、星を表す大きな白い風船、スクリーンに投影される夜空など、強烈な印象を残します。

この原作からの引用部分に、ぼくの訳文(角川文庫)が使われ、そのご縁でご招待いただいたもの。ひさびさの金沢で、おもしろい夕べを過ごさせていただきました。

上野賢治さんによる『地獄変』のほうは、俳優、ダンサー、演奏家が集まり、これもきわめて印象的な作品。「コラボ」という安売りされがちな言葉が、まったくごまかしなくほんとうに実現されている、稀有の作品です。明日、日曜日も、この2作品の上演(14時から)。この機会に、ぜひどうぞ!

アントナン・アルトー『手先と責苦』

アントナン・アルトーが生前に構想した最後の本である『手先と責苦』。河出書房新社の「アルトー後期集成」全3冊のひとつとして2007年に刊行されるはずでしたが、諸般の事情でずっと遅れていました。この遅れはぼくの責任、深くお詫びします。

それがこのたび、完成、刊行。ぼくと大原宣久くんの共訳です。そもそも翻訳不可能な部分も多い、極端で過激な本ですが、なんとか通読できるかたちになったと思います。そして、これまでのアルトーのイメージに、少しは別の音程というか声域を加えることができたはず。

よかったらぜひ手にとって、読んでみてください。「人生」そのものに対する態度を、根源的に変えるきっかけとなるかもしれません。