2015年2月26日木曜日

3月11日の『ほんとうのうた』

4年目の3月11日が近づいてきました。われわれの朗読劇『銀河鉄道の夜』を追ったドキュメンタリー映画『ほんとうのうた』(河合宏樹監督)を、ケンタッキー大学所在地であるケンタッキー州レキシントンのレキシントン劇場で上映します。主催はケンタッキー大学のダグ・スレイメイカーさん。ぼくが舞台挨拶をする予定。東日本大震災の意味を、ケンタッキー州のみなさんと改めて語り考える機会にしたいと考えています。

2015年2月21日土曜日

「現代の眼」610号

東京国立近代美術館ニュース「現代の眼」610号に、現在開催中の奈良原一高「王国」展についてのエッセー「王国の光」を書きました。ぜひごらんください。同展は3月1日までです。

2015年2月6日金曜日

ASLEニューズレター

ASLE-Japan/文学・環境学会のNEWSLETTER 37号に「辺野古の海辺から」というエッセーを寄稿しました。秋のその日はしずかだった辺野古が、いままた大きく踏みにじられようとしています。いったい何を求める、誰によって?

「環境問題」と呼ばれるすべての問題は、結局のところ人間社会の経済問題であり、政治問題です。そして人間社会が、他の生物種をどこまで追いつめ、どれだけの負荷を強いるかという問いでもあります。

この号には昨年秋の明治大学中野キャンパスでのシンポジウム「動物のいのち」をめぐる報告も、ディスカッサントとして参加した波戸岡景太さんから寄せられています。

今年の大会は8月下旬を予定。ヒト社会の空間とその物質的基盤としての惑星の関係に、またヒトがこの世の全体をいかに想像しうるかに、興味がある方は、ぜひ入会してください。

「みすず」読書アンケート特集

雑誌「みすず」の1・2月合併号は恒例の読書アンケート。たくさんの寄稿者が選ぶ本に、刺激を受けます。ぼくはJonathan Crary の 24/7: Late Capitalism and the Ends of Sleep ほか4冊。どこかでごらんください。

ぼくが解説を書いたティム・インゴルド『ラインズ』(工藤晋訳、左右社)は、複数の方により挙げられています。 これも、ぜひどうぞ!

2015年1月30日金曜日

カリフォルニアの良さ

今週のロスアンジェルスでの滞在、予定をすべて無事こなすことができました。

26日(月)はカリフォルニア大学ロスアンジェルス校での講演、27日(火)は同校で大川景子監督『異境の中の故郷』を上映。28日はなつかしい友人たちとの再会、そして29日(木)は南カリフォルニア大学でぼくの詩をめぐるディスカッションと講演。

だらだらとどこまでも広がるロスアンジェルスという街の魅力にひさびさにふれ、またまったく校風のちがうふたつの巨大な大学それぞれのおもしろさをも瞥見した、いい機会になりました。

そして忘れられないのは、エクスポ・ラインに乗車したこと。3両編成の軽便鉄道ですが、便利であるのみならず、車窓から見える風景が楽しい。シアトルやヴァンクーヴァーのライトレイルとおなじく、まだまだこれから都市交通の要として発展してゆく可能性が感じられます。

UCLAではマイケル・エメリックさん、USCでは嶋崎聡子さんに、すっかりお世話になりました。ありがとうございました!


2015年1月18日日曜日

よしもとばななさんと

2月11日、下北沢の本屋B&Bで、よしもとばななさんと対談します。

http://bookandbeer.com/blog/event/20150211_a_toritachi/

ばななさんの新しい長編小説『鳥たち』をめぐって。さあ、どんな話になるかな。満席が予想されますので、チケット購入はお早めにどうぞ!

ロスアンジェルスへ

そして来週はロスアンジェルスへ。まずカリフォルニア大学ロスアンジェルス校で講演をします。

http://www.international.ucla.edu/institute/event/11046

その後、同校で大川景子監督『異境の中の故郷』上映会。さらに南カリフォルニア大学でぼくの作品の朗読会とつづきます。今週はその準備に追われることになりそうです。

でもシアトルと南カリフォルニアを行き来するのは、いつも大きなよろこび。その気候風土のあまりの違いに、びっくりします。

地球温暖化の影響でほとんど雨が降らなくなっている南カリフォルニアから、シアトルやポートランド(オレゴン)への人口移動はとどまるところを知りません。むかしの太平洋岸北西部の、鄙びた、落ち着いた雰囲気が、どんどん商業化されカリフォルニア化されていくのも、仕方がないことなのでしょうか。

いずれジュノー(アラスカ)が「もっとも住みたい都市」になる時代がやってくるでしょう。