Monday, 9 September 2019

3行詩の作例

3行詩の、ぼくの作例。与えられた3語を< >でしめしています。

 <支配者>が笑いながら
 <奈良>を焼いている
 鹿たちが<独立>する

 なんという<スタイル>でしょう
 銀座の<そば>にパリあり
 <天井>のそばに天丼あり

 とんでもない<癖>だね
 日光写真で<紙>に焼いて
 <石>を包んで投げろ

 虫が食った<図鑑>で
 科学を<進歩>させる
 嫌いなものが<好き>になる

こういうのが333篇!きっと楽しめますよ。

第1回「千羽ハチドリ」を開催します

6月26日に三鷹の SCOOL で開催した永方佑樹ディレクションによる「おと/ずれる言語」からの派生企画として、詩の即興制作イベント「千羽ハチドリ」を試みることになりました。第1回は9月28日(土)。

任意の本の見開きページから選ばれた3つの単語を使って、3行詩を即興します。4人の詩人で、第1回は333、第2回も333、最終回は334。合わせて1000篇の3行詩がはばたくことになります。

第1回の顔ぶれは

詩人=川瀬慈、藤原安紀子、永方佑樹、管啓次郎
制作助手=林真、田辺裕子

以後、永方と管を残して、毎回別の方にゲスト参加していただく予定です。

この日は14時から制作を開始し、できた順にtweetしてゆきます。ついでこの日作ったすべてを、16時半ごろから読み上げます。
 
さあ、どんな言葉の配列が生まれるか。ご期待ください!

Saturday, 7 September 2019

新詩集、印刷所に

新詩集『犬探し/犬のパピルス』(発行=Tombac、発売=インスクリプト)がついに印刷所の手にわたりました。9月21日発売です。Tombac というのはぼくの研究室の別名。つまり自主出版です。

それで今回は誰にもお送りしないので、ぜひお買い求めいただければさいわいです。1部といわず何部でも買ってください。これが最後の日本語詩集になるかも。

いい内容です。犬の詩ばかりかと思われそうですが、そうではありません。しかも装画は小池桂一の渾身の力作。カバーをじっと見ていると泣けてきますよ、犬好きの人は。

『狂狗集 Mad Dog Riprap』(左右社)とともに、よろしくおねがいします。Support your local poet!