2011年3月20日日曜日

昨日の言葉

パステルナークは、つまり浪費である。
光の流出だ。
光の無尽蔵の流出だ。
(マリーナ・ツヴェターエワ、工藤正広訳)

だれかがかつて存在し、今はもういない。
その存在をぼくは証言する。
愛されつつ存在した、と。
だれもが同じ運命に脅かされている。
(ミシェル・ドゥギー、梅木達郎訳)

船と葬送とには浅からぬ因縁があったわけで、
かつては棺もフネまたはノリフネと呼ばれ、
葬儀の世話役を船人(フナウド)と呼ぶ地方さえあった。
(西郷信綱)