2011年4月30日土曜日

昨日の言葉20

原発に話を戻せば、前にも技術の「不可逆性」ということをいいましたし、そういう側面があることは認めますが、巨大技術をどうあつかうか、というのはあくまでも社会の側の問題だ、と思います。朝永振一郎氏は最晩年に、これ以上研究開発はすべきでない、すでに臨界点を超えており、これ以上開発しても人類が幸福になることはないと発言しました。
(市村弘正 [2005年] )

精神(プシケ)の世界には、国境も民族もない。しかも、ある地域に顕著な精神の病は、全地球の精神生態系に影響を及ぼすのである。
(大嶋仁)

私は子どものころ、イングランドの学校に行かされた。しかし、学校が休みに入るたび、せがんで故郷ウェールズに帰っていた。私にしてみれば、イングランドの家は住むための場所でしかなかった。故郷(ホーム)だと思えるのはウェールズだった。大地、空、動物、森、山の中腹に生い茂るヒースやビルベリー、笑っているような川音、ガウワー半島の入り組んだ海岸、徹底してウェールズの特徴をそなえた無数の建物や人びとの顔が私の故郷だった。
(C・W・ニコル)

Chassez le naturel, il reviendra au galop.
(フランスの諺)