2011年4月21日木曜日

緊急特別シンポジウムのお知らせ

新領域創造専攻の同僚、山本俊哉さんの研究室主催によるシンポジウムです。ぜひどうぞ!


*****
震災復興に向けた緊急特別シンポジウム
三陸津波被災地は復興への支援をこんな具合に求めているのだ!
~ひと味違う報告・討論を聞いて大いに学び合おう~

東北から関東に至る膨大な地域に、想像を絶する甚大な被害をもたらした東日本大震災も発災後6週目に入ろうとしています。しかしいまだ被災の全体像はつかみきれていません。被災地・被災者の日々の生活を支援することが、今、もっとも大切ですが、長い時間がかかるであろう、すまい・なりわい・まちの復旧・復興にも目配りすべきはいうまでもありません。
復旧・復興に関与するまちづくりプランナーも、この間、多くのメンバーが被災地を訪れています。そのような方々の中でも、阪神・淡路や中越震災などでユニークな活動実績を挙げてきた何人かをお招きしての集まりです。報告・討論をいただくとともに、若い学生諸君も交え、熱く学び合おうとの思いで、主催者&共催者(各々のHP参照)が企画しました。
その熱は、やがて被災地復興支援へと結びついていくに違いない!! 是非ご参加ください。

日 時:2011年4月25日(月)18時~20時(17時半開場)
会 場:明治大学駿河台校舎・アカデミーコモン2階(A1−3)
地図:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
主催:明治大学大学院 新領域創造専攻 山本俊哉研究室 
http://www.isc.meiji.ac.jp/~onepiece/
共催:NPO法人り・らいふ研究会(理事長_高見澤邦郎) 
http://www.relife.or.jp/
    仮設市街地研究会 
http://www.syutoken-lab.com/kasetu/index.html
プログラム
報告:山本俊哉(明治大学教授)「千厩・気仙沼・陸前高田の復興支援について」
江田隆三(り・らいふ会員/地域計画連合)「遠野・釜石・大槌の復興支援について」
討論:延藤安弘(愛知学泉大学教授)、宮西悠司(まちづくりプランナー_神戸市真野)、濱田甚三郎(仮設市街地研究会主宰)、森反章夫(東京経済大学教授)、矢野トンプー(段ボールアーティスト)、ほか

参加希望者は下記宛4月22日(金)正午までに、氏名・所属・電話番号をお書きの上お申し込みください。定員150名です。参加費不要(当日資料代として千円程度を予定/学生は無料)。
懇親会(20時頃より) 会場:カフェ・パンセ(アカデミーコモン1階)(会費:3,000円)参加も併せてご予約ください。
お申し込みはE-mailで→ 
relife@relife.or.jp (NPO法人り・らいふ研究会事務局)