2009年5月19日火曜日

ファヴェーラ映画

ブラジルの研究者による「ファヴェーラ映画」についての講演があります。以下、引用。

特別講義のお知らせ
講師 ジョアン・ルイス・ヴィエイラ博士
(Prof. Dr. Joao Luiz Vieira、ブラジル・フルミネンセ連邦大学准教授)

ファヴェーラ映画と超民族的<他者>?21世紀のストリート・キッズ
The "Favela Situation" genre and the Transnational Other: Street Kids in the XXI Century.
* 講義・討論は英語、通訳なし(ただし一部日本語解説)。映画の一部参考上映あり。

司会・解説 平野共余子(映画専門大学院大学客員教授・日文研客員准教授)
コメンテーター 野谷文昭(東京大学文学部教授・現代文芸論/ラテンアメリカ文学)
企画責任 沼野充義

日時 2009年5月22日(金)
午後4時30分〜6時
場所 東京大学(本郷キャンパス)文学部3号館7階スラヴ文学演習室
   113?0033 東京都文京区本郷7?3?1
交通 地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷3丁目」、南北線「東大前」、千代田線「根津」など下車、いずれも徒歩10分。
東大構内案内図 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_05_03_j.html
東大本郷キャンパスへのアクセス http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

ブラジルを代表する映画研究者・批評家であるヴィエイラ博士による特別講義です。ブラジルの「ファヴェーラ」(貧民街)の状況に焦点を当てた映画を出発点に、現代世界において民族・国境を越えてストリート・キッズを描いた映画の広がりを視野に入れ、比較検討していきます。事前登録不要。直接教室にお越しください。

主催・問い合わせ先: 東京大学人文社会系研究科・文学部現代文芸論研究室 電話 03(5841)7955
共催:科研費研究「グローバル化時代の文化的アイデンティティと新たな世界文学カノンの形成」

講師プロフィール
Prof. Dr. Joao Luiz Vieira
 Prof. Vieira is Associate Professor at the Film and Video Department of Universidade Federal Fluminense, Rio de Janeiro, Brazil where he teaches Film Language and Theory. He is also Chairman of the Graduate Program in Communication of the same university.
 Former director of the Film Department of the Museum of Modern Art in Rio, Dr. Vieira is a film critic, curator and researcher who occasionally teaches and writes about Japanese Cinema in Brazil. He has curated many series devoted to Japanese Cinema in Rio de Janeiro. Dr. Vieira publishes extensively in Brazil and abroad and co-authored D.W.Griffith and the Biograph Company (NY: Scarecrow, 1984), edited Cinema Novo & Beyond (NY: MoMA, 1998) and wrote Camera-faca: o cinema de Sergio Bianchi (Portugal, 2004).


ぜひ行きたいところですが、あいにく都合があわず。誰か行って、話を聞かせてください!