2011年6月4日土曜日

読める、読めない、読めなければ

台湾でふらふらと道に迷っているうちに、『本は読めないものだから心配するな』(左右社)の新装版が書店に並んだようです。

ダスト・ジャケットのデザインを詩集『Agend'Ars』と統一しました。帯に言葉を寄せてくださった、堀江さん、若島さん、ありがとうございました。

読書を特別な行為にせず、人が生きているかぎり絶えず続いている活動の一部と見なすのが本書の態度。無理なく、苦しみなく、かといって安易に流れず、少しずつ読んで行きましょう、すべての本の群れを。鳥の渡りを見上げるように、海流の変化を見つめるように。

できればこの秋にでも『本は読めない2』をサブタイトルとしてもつ1冊を出したいと思っています。タイトルだけは決まっているのだけれど! しばしお待ちください。