2010年10月9日土曜日

「20世紀フランス文学と写真」

11月6日(土)、東京大学文学部で、文学と写真を主題とするシンポジウムが開かれます。

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/futsubun/news/2010/10/08/講演会のお知らせ 11月6日(土)/

ぼくも参加。とはいえ、写真という根本的に語りにくいものを、はたしてどう語ればいいのやら。悩んでいます。

朗報は、畠山直哉さんがディスカッサントとしてわれわれのセッションに参加してくださること。それだけで、きっと楽しめる一日になるはずです!