2010年10月26日火曜日

さあ、これを読め

「彼らは読んだ。読んでしまった以上、読み変えなくてはなりません。読み変えた以上、書き変えなくてはならない。読んだことは曲げられない、ならば書き始めなくてはならないのです。繰り返します。それが、それだけが『革命の本体』です。」

佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』(河出書房新社)を読んで、強い衝撃を受けた。ルターやムハンマドがいかにどれほどまったく重要な人たちか、初めて知った。そして「中世解釈者革命」。この本、ゼミの冬休みの宿題に決定です。