2010年6月2日水曜日

ImaginAsia

火曜日はワークショップ初日でした。会場に到着すると、なんとImaginAsia特製Tシャツや立派なプログラムが。すべて政治大学の学生たちの作品です。

政治大学のディジタルコンテンツ学科の小ホールはメディアアートのギャラリーを兼ねた、きれいな空間。ここでまず双方の学生たちのプレゼンテーションをしました。ついでおいしいお昼をいただきながら、ぼくがディジタルトラヴェローグの可能性を語りつつニューメキシコのスライドショーを見せ、倉石さんが石川直樹の写真についての熱のこもった講演を。

それからバスで市内に移動し、台北のメインストリートのひとつである中山北路を、この道の歴史的発展についての博士論文を書かれた建築家(お名前を失念、ごめんなさい!)のガイドでみんなで歩きました。無知とはおそろしいもので、すでに何度も歩いたことのあるこの道の現在に、たとえばフィリピンをはじめとするアジアからの労働者の居住区があったり、聖クリストファー教会が独自の役割を果たしたりしている点には、まるで気づかなかった。

夜は巨大な有名レストラン海覇王でごちそうになりました。りんごの入った鍋が新鮮。来月かれらが東京に来たときにはどんなお返しができるかなあと思案中。

きょうから学生たちはグループに分かれて制作に入ります。