2009年4月25日土曜日

外部ゼミ生・受付終了!

当初の予定だった8名に達したので、2009年度外部ゼミ生の受付を終了します。興味をもってくださったみなさん、ありがとうございました。

以下、参加者の姓のみ記します(参加希望表明順)。年齢も職業もいろいろ。簡単なプロフィルは、またいずれ順次、リストとともに。

大洞、大塚、安西、中村、志村、敷田、星埜、賀内。みなさん、よろしくお願いいたします! 通常ゼミ生9名とともに、しばし本の森をさまよってみましょう。

まずは各自で36冊のリストの作成、組み換えを進めてください。もちろん、「まだ読んでないし手にとってすらいないけれどこれから読みたいと思っている本」を入れても、まったくかまいません。ただし存在しない本はダメ。

ミラノ在住の安西さんから質問がありました。ウェブサイト、ブログを1冊の本としてあげていいか? そこに含まれる内容・情報量からいって当然「いいよ」と答えてもいいところですが、ここでは旧来型の紙の本に限定しましょう。というのも、まさに、ふつうの本との関係をはぐくむことが目的なので。世界最大級の本の町、神田をすぐそばにもつ地の利を生かして、いろいろな書物を発見してほしいと思ってます。特に明治理工出身の諸君は、いままで生田で山ごもりをしていたためか、書店そのものをほとんど知らないことが判明! これからは毎日、知らない本を手に取る(ジャンルを問わず)習慣をつけよう。

それと、ライティング・ワークショップの開催も考えています。夏の予定が決められないので、今年度はむずかしいかもしれないけれど。要するに「作文塾」です。書くことは教えられないので、みずから学ぶだけの塾ですが。この件、いずれまた。