2011年10月24日月曜日

「出身地」って

この数ヶ月のあいだ、いろんな機会に3人の方から「愛媛はどちらですか?」と訊ねられた。誰かがぼくのWikipediaの項目に「愛媛県出身」と書いた、そのせいらしい。

たしかにぼくは愛媛県で生まれたけれど、父方も母方もその土地には無関係だし、そもそも生後半年しかいなかった。それを「出身地」といわれるのも、ぴんとこない話。

それからも転々と引っ越したので、故郷と呼べる場所はないし、どこかに対する愛着も特になかった。成人するまでは。それからだんだん自分で選んだ土地で暮らすようになって、また考えも変わったけれど。大好きな土地もいくつもできたけれど。

愛媛はまた訪ねてみたい、もちろん。山奥です。大江健三郎先生の故郷のそばです。でもWikipediaの「愛媛県出身」は、誰か消しておいてくれないかなあ。

*****
と書いたら、早速どなたかが消してくださったようです。どなたか存じませぬが、ありがとうございました!