2011年10月30日日曜日

「本の島」ブックフェア

青山ブックセンター本店で、本の島ブックフェアが新たに展開中です。8人が選んだ本が、島々となって並んでいます。フェアの書籍を購入するともらえる冊子「本の島々」に注目! 山元伸子さんのシンプルでやさしいデザインが、心にいい、つまり、体にもいい。そこからまた未知の風景がひろがります。

本の島コーナーには自由に感想を書き込めるノートがおかれていますが、先日、おや? フランス語で書かれたメッセージを発見! なんとあのパスカル・キニャールさんでした。

キニャールのどれもすばらしい本は、高橋啓さんの名訳で、津田新吾の編集により青土社から何冊も出ています。彼のメッセージを津田が見ることができたなら、どんなによろこんだことか。それがかなわないなら、いまぼくらがそれをよろこぶことが、たぶんいちばんいい、その代理となる行動なのでしょう。

本の島々のためには。みんな本を読もう、その海に潜ろう、その浜辺を散歩しよう。

世界を変えるために。世界とともに自分が変わるために。