2011年10月23日日曜日

大竹昭子さんへの感謝

「Figaro Japon」12月号で、大竹昭子さんが『ろうそくの炎がささやく言葉』(勁草書房)の書評を書いてくださいました。さすがにゆきとどいた評、ありがとうございました!

大竹さんは文章道でいえば7段くらい(つまり実力上の最高位)の方。「ことばのポトラック」の提唱者でもあります。

『ろうそくの炎』も、さほど売れる本ではありませんが、「朗読用テクスト」の部分を正しく強調していただいたのが、何といってもうれしいところです。

朗読会、どうぞ各地で自主的に開催してください! そして声をかけてくだされば、執筆者の誰かが参加するようにします(今年の冬至くらいまでなら)。それではこれからもよろしく!