2010年8月15日日曜日

猿の捕獲

先日、町中に出てきたニホンザルの雄を麻酔銃で撃って捕獲したというニュースが大々的に報道されていた。

ここまで大騒ぎして、サルとヒトの生活空間を分けなくてはならないのだろうか。いるものはいるで、いいじゃないか。ヒト以外の種を排除してゆくのがヒトの居住の特性(「ペット」という名の名誉ニンゲンを別にして)。それで、都市がつまらなくなる。

またおいで。こんどは仲間を連れて。