2012年6月28日木曜日

いま、たったいま、

みなさん、きょうの戦慄すべき報道に気づきましたか。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012062790205047.html

こうしているたったいまも、大量の汚染水が流出し、地下水脈から海へと流れています。そして海の汚染はどこまでもとめどなく拡散してゆきます。

そしてみずからの被曝を前提として、つまりは生命を賭して、収束のための作業に従事している人たちがいます。

その一方で、電力会社は何の責任もとらず、何者かの利権を代表するだけの現政権は、テキトーきわまりないやり方で大飯の再稼働を決めました。

これほどばかげた話があるでしょうか。いいかげんにやめろ、なんとかしろ、なんとかしよう、という意志を表すためには、どうすればいいのでしょうか。