2012年6月6日水曜日

1769年6月3日

人類史におけるもっとも知的な人間は誰かと聞かれたなら、ぼくが一票を投じるのはジェイムズ・クック船長! 1769年、彼がタヒチにおもむいたのは金星の太陽面通過を観測するためでした。場所はタヒチ・ヌイ(タヒチ本島)、いま「金星岬」(ラ・ポワント・ヴェニュス)と呼ばれている地点です。

きょうは金星の通過を見られなくて残念。でも報道された画像で、十分その驚異を想像することができました。