2011年9月16日金曜日

「図書新聞」9月24日号

書評を書きました。野村喜和夫さんの『移動と律動と眩暈と』(書肆山田)。現代日本語におけるランボー主義者の快著です!