2011年8月13日土曜日

この地上絵を歩いてごらん

秋田県大館市といえば秋田犬の原産地。半世紀前、祖父が飼っていた秋田犬のトラがここで生まれた犬だったことを覚えています。そのころのぼくには馬のように巨大に見えた。

その大館市で今、7月にアート千代田3331で一緒に展示をやった村山修二郎さんが、とんでもないことを試みています。

地上絵。ナスカではなく、大館で。ひとりで道を作るようにして。

http://plantart.exblog.jp/

これは強烈。20日までなので、行けるかなあ。村山さんとは9月に、明治大学生田図書館のギャラリー・ゼロで、再度一緒に展示をします。こんどは「生田の山」がテーマ。

がんばれ、修二郎。また生田で再会しましょう!