2011年8月28日日曜日

Ayuo con 笹久保伸

9月18日、公園通りクラシックスで、あまりにもおもしろそうなコンサートがあります。お勧めします!

*****

9月18日(日)に『Ayuo 笹久保伸 ジョイント コンサート』が渋谷公園通りクラシックスで開催されます。

笹久保伸さんはクラシックのギタリストで、長年ペルーに住んで活動していました。


ペルー音楽にはまだ世界にそれほど知られてない宝物のような音楽がたくさんあります。


独自のチューニングで演奏される音楽には、時に実験音楽に近いものもあれば、ルネサンス音楽に近い方法で演奏されるものもあります。今回はまず、ワールド・ミュージックの音楽評論家の北中正和を迎え、ペルー音楽、ヨーロッパのルネサンス音楽、ギリシャのビザンチン音楽などについてのトークがあります。

そして、高橋悠治さんのギターとルネサンス英語の語りによる『John Dowland Returns』が、笹久保伸のギターとAyuoの語りにより演奏されます。この曲はもともと現代音楽のギタリスト佐藤紀雄が1974年に委嘱初演した作品で、Ayuoが以前から語りをやってみたいと思っていた曲です。


それから笹久保伸さんとIrma Osno の歌によるプログラムが始まります。

演奏には次の曲が予定されています:

幸運のコカの葉(Musica tradicional de Ayacucho-Peru)
花籠主題の幻想曲(Musica tradicional de Cuzco -Peru)
高橋悠治: 道行く人よ、道はない
笹久保伸: プリペアドギターのための「時間とプロセス」
バリーチャ〜サクサイワマン (Musica tradicional de Cuzco -Peru)
脱穀の歌(Musica tradicional de Ayacucho-Peru)


Ayuoのコーナーでは、Ayuoの最近の音楽的方向性を表わすレパートリーをAyuo Strings and Percussion Ensemble とともに演奏します。

Ayuo: Voices In The Wind − A prayer for those swept away by the sea ー 風の歌 − 海に飲み込まれた人達の為の祈り
Erik Satie (Ayuo version) - I Want You (Je Te Veux)
Ayuo: Eyes and Movements
John Cage: Forever and Sunsmell

------------------------
Ayuo String and Percussion Ensemble

Ayuo: Vocals, Irish Harp, Bouzouki
戸島さや野: Violin
守屋 拓之: Contrabass
立岩潤三: Percussion
----------------------

そして、ふたたび笹久保伸さんと、武満徹による映画『他人の顔』のワルツ (Ayuo 編曲バージョン)が演奏されます。

とても面白いコンサートになると思います。
ぜひ、見に来てください。

9月18日 (日)

■Open:18:30(6:30PM)/Start:19:30 (7:30PM)

予約 Reservations:¥3,200 (1ドリンク付)(One drink included)
当日 Admission fee on day of performance:¥3,500 (1ドリンク付)
(One drink included)

■ 会場:公園通りクラシックス (Tel:03-3464-2701)
月曜日休日、他の日は17時以後に電話で予約が取れます。
※渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F
http://www.radio-zipangu.com/koendori/