2010年4月19日月曜日

北欧の空は

アイスランドの火山噴火でヨーロッパの空は大混乱をきたしているみたいだが、航空会社はどう対応しているのかと思い、なんとなく影響を強く受けそうなスカンジナビア航空のサイトを見てみた。すると。


Update: April 19, 2010 00:05 regardingSK944 and SK943
SK944, Chicago-Copenhagen, today, 18APR, will be diverted to Oslo.
For customers booked on SK943, Copenhagen-Chicago between 15-19 April, a bus service will depart Copenhagen airport at 06.00 19 April, to bring passengers to Oslo for the Chicago-bound flight scheduled for the afternoon.
 Update: April 19, 2010 00:00 regarding SK984/983
The Tokyo-Copenhagen and Copenhagen-Tokyo flights, both 19APR, will be cancelled as it is not possible to divert the flight to Oslo, as previously planned. This is because the necessary air space has again been closed and it will not be possible to operate a flight between Tokyo and Scandinavia.

コペンハーゲン空港が使えないのでオスロへ。それはいいのだが、コペンハーゲン発だったシカゴ便の乗客はバスでオスロに行くのだという。そんなバス路線が可能だとすら思わなかったので、驚き。バスのままフェリーに乗るのかな。
アイスランド、いよいよ行ってみたい島だ。