2010年7月19日月曜日

「嗜み」7号

文藝春秋の季刊誌「嗜み」7号(2010年夏号)の「クロスカルチュラル・レヴュー」にリリオ・フェレイラおよびイルトン・ラセルダ監督『カルトーラ サンビスタの物語』のDVD評を書きました。

サンバの父のひとり、カルトーラの生涯を追ったドキュメンタリー。二人が同一対象をレヴューするという形式のコーナーで、今回は大竹昭子さんとの組み合わせ(最高!)です。ぜひ読んでみてください。そして『カルトーラ』を、この夏はリオを思いながら楽しむことにしましょう。