2013年2月25日月曜日

あいうえお俳句

即興あいうえお俳句、ひさびさの新作です。電車に乗ってるあいだ、一気に書きました。ばかばかしいけど、あとになって読み直すと、そこにも歴史あり。その日ごとの出来映えにははなはだしい差がありますが、推敲するのもおもしろくない。ご笑覧ください。

*****

朝焼けに炎を借りて焚く命
椅子から転げ落ちたまま小犬が眠つてゐる
有為転変地球の果ての蒙古斑
永劫の愛を誓ふは映像家族
恐ろしい速さで雲が飛んでゆく

環状線が頭をきつく締め付ける
近海漁業そぼふる雨の放射能
クリスマスといふ名のマスに参加したい
賢なるかなお笑いひとすじジャン=ポール
交渉なんて食事の後のだまし討ち

坂の上塗られた空の同心円
詩歌悲歌挽歌さざんか道の声
酔狂もteetotalの副作用
性格こそ忠犬そのもの鴨そのもの
そつくりこのまま海の広さを飲めるなら

大気圧形状記憶のステンシル
誓いも新たにこれから土地を耕さう
「つい出来心で」そうさすべてはhappenstance
定型詩に憧れ東の窓を仰ぎ見る
遠くまで行かう陶酔もなく問いもなく

泣き寝入りの子犬夢で吠えるよわんわんわわん
新潟湿原忍耐力のあいうえお
縫物針で心を縫つて袋詰め
猫にまでお礼をいいますこの晴天
濃霧を抜けると不意打ちだつたnorthern lights

歯が痛いのでけふは帰らう春の海
光あれと叫んで懐中電灯ともす小学生
福引きと福笑ひによる歴史観
変形文法で視界の歪みを矯正せよ
本格的な狩猟には精霊の助けと持久力

マイスター・エックハルトにちなんだハムエッグ
みけんに皺よせ唇嚙んで「諾」といふ
無闇にガムを嚙むなよ歯がバキバキ折れるぞ
メンソレータムまぶたに塗つて深夜の中央道
もういちど白砂に潜れ白紙に潜れ

焼け野原世界の終末のりこえろ
夕方から生ずる心のひびきを録画せよ
洋上の鳥緯度に抗ふ筋、骨、眼

らばの反逆帝国解体奴隷の「怒」
倫理なく理解なし理由なく由来なし
留守番とバナナ一房不可分契約
恋愛的連弾ダダとダダとのダダダダダ
楼閣が崩れてゆく老人は死んでゆくと朗唱せよ

鰐の涙の真実嘘と真の弁証法