2013年2月24日日曜日

分藤大翼さんの写真を見ながら

23日(土)、馬喰町のArt&Eatで映像人類学者・分藤大翼さんの写真展イベント第3夜「あかるい森」に出演しました。

といっても、ぼくは聞き役。カメルーンのバカ族をとった彼の作品「Wo a bele」をみんなで見た後、いろいろ興味深いお話をうかがいました。

ナレーションがほとんどないビデオ映像、最高。写真もすごくいい。ごはんもおいしかったし(アフリカ料理のフードボックスつまりお弁当)、最後には歌手の松田美緒さんが飛び入りで昨日まで行っていたカーボ・ベルデの歌を披露。観客は3チームに分かれて、それぞれ別リズムの手拍子。楽しかった。

「おまえが日本という森に帰ったら」というのが森の人々の別れの言葉の一部。そう、われわれはだれもが森の人でもあるのです。

だから、森を破壊し、森の生命を追いつめてゆくすべてに、きっぱりとノーをいいましょう。

3月7日には松田美緒さんとパーカッションの渡辺亮さんが登場します!