2012年10月14日日曜日

『やし酒飲み』!

エイモス・チュツオーラの傑作『やし酒飲み』が岩波文庫に収録されました。ぼくはチュツオーラのエッセー「私の人生と活動」の翻訳で参加しています。

多和田葉子さんの解説「異質な言語の面白さ」も楽しい。お勧めしていいでしょうか?