2012年4月22日日曜日

波戸岡景太『動物とは「誰」か?』

わが若き同僚、現在ドイツで在外研究中の波戸岡景太さんの新著は、<動物>をテーマにした類例のない本になりました。大澤真幸さん、古川日出男さん、そしてぼくとの対談。

話のつねで、つねに思いがけないほうにさまよい、どうしても足りない部分がいろいろありますが、<詩>について、<動物>についてのぼくの考えを、かなり率直に語っています。

奇書? たぶん。でもきっと多くの刺激を与えられます。ぜひごらんください。