2009年12月19日土曜日

『チョコラ!』上映会、終了

寒い青空の一日、和光大学での『チョコラ!』上映会・シンポジウム終了。

またもや、じんと感動しました。シンポジウムでは、学部生時代以来30年ぶりに会った西研くんの司会に支えられ、道場さんやリケットさんの鋭い意見が続出。そして質疑応答のときに垣間みた小林監督のソウルフルな横顔に、打たれました。

小林さんの、映画にささげた半生が、また感動的です。岩波ジュニア新書の『ぼくたちは生きているのだ』は掛け値なしの名著。自分の煮え切らなさを反省します。

アフリカから一時帰国中のタバタさんや井形夫妻をはじめ、古い友人数人にも再会。また和光OBでむかし『知恵の樹』読書会(!)をやっていたというおふたりにもお会いできて、うれしい驚きでした。

和光はおもしろい学校です。お正月明けに、和光から明治まで歩いて『WALKING』展にむかうというツアーを決行します。和光の学生のみなさん、ぜひ参加してください!