2016年5月24日火曜日

エイミー・ベンダーの長篇

カリフォルニアの人気作家エイミー・ベンダーの長篇第2作『レモンケーキの独特なさびしさ』の翻訳が、28日に出版されます(KADOKAWA)。本当なら6年前の2010年、原著とほぼ同時に出すつもりだったのですが、2011年3月11日以後の日々、いろいろな予定がすっかり狂ってしまい、なかなか完成させられずにいました。

ロス・アンジェルスを舞台とする、少女ローズとその兄の成長の物語。というといかにもありきたりに聞こえますが、エイミーならではの知的なユーモアとさびしさ、冷徹な分析と抑制のきいた激情が、独特な世界へ誘ってくれます。

ぜひ、読んでみてください。