2013年3月31日日曜日

さあ、明日から6年め

われわれのディジタルコンテンツ系が開設されたのは2008年。その前年度、2007年に、コンピュータ科学者で作曲その他のマルチプレーヤーでもあるフィレンツェ生まれの宮下芳明さん、美術史・写真史の第一人者でそれまで横浜美術館に学芸員として勤務していた倉石信乃さんに明治に来ていただき、開設準備を始めたのでした。

そのころのブログ(ごく一時期使っていてその後、放置)を改めて見直すと、いろいろな感慨が。すでに6年前です。驚き。DC系のおかげで、ぼくの人生も激変しました。学生たちもすでに5期生までを送り出したわけです。多くは修士課程の2年間で大きく成長してくれました。
あらゆる制度がそうであるように、われわれには永遠はありません。いつかは必ず終わる、あるいは根源的組織替えが必要になるでしょう。

でもそのつど、いまあるかたちを最大限に生かして、つねに創造の道を探りたいものです。明日からの新年度、みんな、よろしく!

(そのころのブログは以下にあります。ちょっとなつかしい。当初は秋葉原駅前のダイビルの一角を基地にしていました。それも楽しかった!)

http://thedigitaltarokaja.blogspot.jp/