2016年11月10日木曜日

 30年ぶりのソウル

11月5、6日、韓国ソウルの東國大學校で開催されたISLE East Asia (東アジア文学・環境シンポジウム)に参加しました。南山のそばの美しいキャンパスはすでに秋たけなわ。ぼくは古川日出男の『冬眠する熊に添い寝してごらん』と彼の近代批判、そしてリワイルディングをむすぶ発表を行いました。

ソウルは30年ぶり。地下鉄網が充実し、まったく別の大都会になっていました。今回はあまり街を見る時間がなかったので、また近いうちに訪れたいと思っています。光州や釜山にも行きたいし。

おりしも朴大統領に対する人々の批判が高まり、土曜日の夜はものすごいデモ。しかし家族連れや高校生くらいの子のグループも多く、政治風土のちがいがうかがえました。非常に興味深い国、社会です。