2016年10月20日木曜日

「読売新聞」10月15日朝刊

ボブ・ディランのノーベル文学賞を受けて、15日の「読売新聞」朝刊に短文(800字)を寄稿しました。20日現在、まだディランからの声明はないようです。しかし賞の有無にかかわらず、彼が歴史的な大詩人であることに変わりはありません。詩か歌詞か、文学か音楽かといった議論は、まったく彼を捉えそこねていると思います。