2012年12月12日水曜日

「週刊朝日」12月21日号

おかげさまで週末のオムニフォン・シンポジウムは盛況。きわめて充実した発表の連続でした。

そのシンポジウムにぜひとも(かなうことなら)招きたかったのが、パリ在住の関口涼子さん。彼女が訳したマティアス・エナール『話してあげて、戦や王さま、象の話を』(河出書房新社)の書評を「週刊朝日」に書きました。

ぼくが行ったことのないイスタンブルの魅力があふれる佳作です。冬休みにお勧めします!