2012年1月5日木曜日

松浦寿輝さんが

文学研究、詩と小説の創作、いずれをとっても第一級のお仕事を(しかも厖大な量!)されてきた松浦寿輝さんが、定年まで何年も残して東大をお辞めになるそうだ。その退官記念講演のお知らせ。これは万難を排して、行きます。

これからは創作に専念されるということだろうか。これからプルーストに匹敵する、あるいは少なくとも三島の『豊饒の海』を凌駕する、河のような長篇が書かれてゆくのかもしれない。刮目。

*****

東京大学退官記念講演
松浦寿輝「波打ち際に生きる──研究と創作のはざまで」

日時:2011年1月16日(月)午後5時〜6時30分
場所:東京大学・本郷キャンパス
法文2号館2階 文学部1番大教室(定員220人)

司会:沼野充義   進行:加藤有子
主催:東京大学文学部現代文芸論研究室

会場への最寄駅:地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷3丁目」、南北線「東大前」などから徒歩10分。
講演会の詳細・会場への地図につきましては、以下のウェブページでご覧ください。
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/120116matsuura.html

問合せ先:東京大学文学部現代文芸論研究室
電話03-5841-7955