2014年5月5日月曜日

キュー・リーのセミナーのすごさ

5月1日、キュー・リーのセミナー。ボーヴォワールの『第2の性』について。

すばらしい3時間でした。たとえばあの有名なセンテンス

On ne naît pas femme, on le devient.

をめぐって、最初の英訳本と新訳の

One is not born, but rather becomes, a woman.
One is not born, but rather becomes, woman.

を比べる。a があるかないかの違い。しかしそこからキューの哲学が始まります。これを逃した人、悔いてください、恥じてください、次回に期待してください。

根本美作子さんの通訳も完璧。いっとくけど、根本さんは「仏文科」の先生です。でも英語の通訳も、完璧。脱帽です。

彼女たちの強烈な知的パワーに打たれた夕べでした。そしてボーヴォワールをめぐる特異な時代背景(実存主義の時代、パリ)に、いやでも思いをはせるひとときになりました。